トップイメージ

肌の構造と保湿の重要性

人間の肌は、三層構造で形成されています。

一番表面に近い部分が「表皮」、その下にあるのが「真皮」、さらにその下の三層目の部分が「皮下組織」です。

この皮下組織と呼ばれる部分は、血管や神経が通っている部分である為、この部分にダメージを受けると、出血したり痛みを感じます。

その上にある真皮は、主にコラーゲンと呼ばれる繊維細胞でできており、肌の弾力やハリを保つ為にはもっとも重要な部分となります。さらに一番外部に近い表皮については、唯一直接外界と触れる部分で、その下にある真皮や皮下組織を守る為のバリア機能を果たしています。

この表皮の部分をさらに細かく分けると、「基底層」と「角質層」という2層に分かれます。さらにその上に皮脂が分泌され、肌を守っているのです。

この角質層の機能が衰えると、肌が乾燥し、そこから肌荒れやしわ、たるみが起こったりしてしまいます。美しい肌を保つには、この角質層の機能を充分に引き出す必要があるのです。

そこで、角質層の機能を守る為に最も重要なのは何か。それはずばり、「保湿」です。

角質層の保湿がしっかりとできていないと、肌は乾燥してしまい、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

しかし、角質層はとてもデリケートで、普段のお手入れの仕方や生活スタイルによって、すぐにダメージを受け、同時にバリア機能も低下してしまうのです。

スキンケアや肌保湿のための方法は数多くありますが、意外にも間違った方法と言うものも多く、スキンケアのつもりがかえって肌にダメージを与えてしまっていると言うこともあります。